すっとこどっこい

あることないこと

腹立たしき客のこと

こんにちは、まちだです。

先日説明会をハシゴした後間に合わず、リクルートスーツのままバイトへ行きました。

ワイシャツにタイトスカート、ひっつめた黒髪にエプロンという、

書店女子フェティシズムの権化のような格好になり、

思わず自分で「え、エロい…」と呟いてしまいました。

まぁ、同じ格好をした雑誌の表紙の女性はボタンのはじけそうな胸、

パツンパツンのタイトスカートで、

その、このド素直ボディ(ワガママBODYの対義語)で調子こいてすみませんでした…と

思わず何かに謝ってしまいました。

 

私は2年ほど地元の本屋で働いているのですが、その中で腹の立ったお客様の話をしようと思います。

特定、しないでね(はーと)

 

 

1.泣き叫ぶ子供

別に泣き叫んだっていいんですよ、いや、よくはないけど。

でも、レジに来るまでには解決していてほしいんですよ、困るじゃない。

レジまで来て「これ買う(差し出す)」「返してきなさい」とかやられると、もうどうしようもない。

先日はなかなかハードでしたね。

レジ前で絶叫、母をバカスカ殴り、

結局買ってもらえず、外で10分ほど叫んでいました。

あそこまで粘るのは珍しいですね。

その悶着が終わるまで静かに待っていたイケメンと目があったので

「本屋あるあるです」と言ったらイケメン、噴き出していました。

 

2.「あれ届いた?」お前誰だ

私はしがない週3アルバイトですからね。

あなたの顔と名前と配達状況まで把握していないんですよ…

 

3.お前のスマホは飾りか

「初回盤と通常盤があるんですけど」

「初回盤は何が違うんですか?(スマホしゅっしゅ)」

「この曲が入っているCDを探しているんですけど(しゅっしゅ)」

持ってるじゃん、

レジ中のボロPCよりも1億万倍性能のいいモン持ってるじゃないっスか。

 

4.写真を撮るのは犯罪だぞ

隠れているってことはそれを理解しているってことだよねぇ?

ヘアカタログなんか必要な1枚を撮っちゃったら買う必要ないもの

 

5.もうそれ一冊読み切ったよね?

週刊誌を毎回2、3冊読み切る勢いで週刊誌を立ち読む人がいるんですけど、

店員が雑誌を引き抜こうと近づくとそっと横にどくところがまた腹立たしいというか、

本を棚に立てかけて読んでいるし、

あなたこの店で本を買ったことある?

 

6.電話しながらレジ来るな

そんな邪険にしないで……

 

7.金を投げるな

以前は悲しんだり怒ったりしていたけど、

最近はそんな気力もなくなって、

釣り皿との距離感がつかめない哀れな人だと思うことにしました。

あとあれね、皿の存在に気づいてない人。

図書カードなんてレジ台に張り付いて取れなくなっちゃうから、

ちゃんと皿使って…コンビニじゃないんだから…

 

8.「ん」「お願いします、は?」

ゴミを差し出すお子様に圧をかけたら、

それからちゃんと「お願いします」が言える子になったよ、

よかったね!

 

9.「レシート要らないです」すら言えないのか

すっ…と避けるのやめてくれないですかね

小銭がこぼれるじゃないですか

一言言ってくれれば渡しませんよ。

最近は無言で避ける人には積極的にレシートを渡すようにしています。

性格が悪いね!

先日「レシート要りません」とビシッと言った学生さん、

「お釣りも要らないんですか…?」とイジワルを言ったら顔を真っ赤にしていました。

かわいい。

 

10.「すいませーーーーーん」

ここは居酒屋ではない。

そして卓の番号なんてものもないのでどこにいるのかわからない。

あと棚は私の背よりも高いので何も見えない。

そして苛ついてくる声の主。

地獄か。

 

11.「カバーかけて」この?20冊を?全部??

かけるから、かけますから、

苛々するのやめてください!

時間かかるのはわかるでしょ!!

 

12.収納上手の本が散らかってる

笑うからやめて。

 

13.「お客様」という概念

存在自体が腹立たしい……

接客自体が向いていないのでは…?