すっとこどっこい

あることないこと

ことこと

履歴書やエントリーシートにほぼ必ず趣味欄ってあるじゃないですか。
それに「読書」と書いていたのですが、
真っ白ひょろ文学部女子が「趣味は読書です」とか言ったって
なぁんにも面白くないと気が付いたのですよ。
だから書いてやりましたよ。
「趣味:プラモデルづくり」
ポイントは何のプラモとは書かないところです。
そうするとほぼ必ず「何を作るの?」と聞いてくれます。
そこでアレです。
ガンプラを…嗜んでいます…」
ガンプラを嗜む”というのは全く妙な言葉ですけどね。
そうしたら先日はガンプラ世代の面接官に当たってしまいまして、
「おぉっ、やっぱり1/144?」とか
「自信作は何?」とか
質問攻めに遭いました。
何が困るって“嗜む”程度なので、
自分が作ったモノの名前がわからないのですな。
でも、話のタネになるのはとても良いことです。

 

Q.テニスの四大大会、全英、全豪、全米、もうひとつは?
A.ウィンブルドン
Q.因数分解
A.高校に置いてきた
Q.平方根
A.100年ぶりに見た
Q.沖縄基地問題
A.へのこ(漢字がでてこなかった)(平仮名だとかわいい)

 

「就職活動とかは関係なく、今朝あなたが考えていたことは?」
という問いに真面目に答えました。
「葛西のマグロ…ですかね」
「マグロ」
「マグロ」
と変な空気になって、まぁいいかと思っていたのですが、
次の人が
「選挙権が18歳に引き下げになったことについて…」
というものだから、とんだお調子マグロ野郎じゃないですか。
空気読んでくれよ。
…空気を読んでいないのはどちらでしょうね。

 

就職活動を始めて4ヶ月。
ついに出ました。
「あなたを動物に例えると?」
うさぎ、と答えました。
あることないことそれらしきことを書いて、最後に
「さびしいと死ぬ」と加えておきました。
なんだろう、大喜利精神がでちゃうんだな。

「あなたを漢字一文字で表すと?」
これも出ましたね。
困ったことに、こちらは面接で。
その場で当意即妙な答えをだすのってとっても難しいですね。
なんだかそれらしいことを言ったような気がするのですが、
残念ながら内容を忘れました。
「素敵な言葉ですね」と言われたので、
起死回生のポエティック発言をぶちかましたのだと思うのですが…
面接中は唇の先だけで話している感じが凄いですね。
脳みそを通っていない感じ。

 

個人面接で前の人たちの会話が聞こえたのですが、
ニライカナイについてどう思いますか~?」
「え~面白い!じゃあアトランティスは?」
と信じられないくらい壮大な話をしていて、
もう、開始前から心が折れましたよね。
仕方ないです。
アトランティスには勝てないです。