読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっとこどっこい

あることないこと

ディズニーのこと

吾輩はディズニーランドが好きである。

 


「は?高い金払って着ぐるみ見て何が楽しいの?」という反応をしそうな顔をしていても好きなのである。
最推しはプーさんである。
ミッキーの愉快な仲間たちに属していないので微妙な立場だが、それは仕方がない。
ディズニーランドにあるプーさん専門店なんて夢のような話である。
いい歳こいて興奮しすぎて「プーしゃん!」と発音してしまったことは記憶に新しい。


というか、ディズニーのくまが好きなのかもしれない。
プーさんのぬいぐるみの他にダッフィーと白いユニベアディズニーストア限定のくま)が鎮座しましましましている。
とんだくま大好き野郎である。
ちなみに、ガンプラの親子ベアッガイも作った。
しかし、「プーさんに似てるよねwww」というアレには断固抗議したい。
私は別にあのようにずんぐりむっくりしていない。
我侭ボディとは対極のような奥ゆかしい体型をしている。
眉毛が少々太いだけじゃないか。


プーさんはグリーティングがないのが悲しい。
私が知らないだけかもしれないけれど。
以前ミッキー先生と手をつないだ時に温もりを感じて驚いた。
興奮してハグをしてしまった。
こんなにテンションが上がるとは思わなかった。
こわい。

 


ディズニーはシーよりもランド派である。
シーは夜が暗いから嫌である。
ムードなんて知ったことではない。
とは言いながら、人生で初めての恋人とのディズニーシー(夜)で手をつないだ時には頭が爆発しそうになった。
人間そんなものである。
もしかしたら、あの暗がりを私の赤面で少々明るくしてしまった可能性もあるが、
あれも随分昔の話である。


先日友人と話をしていた。
双方酒が弱いうえに、3時間くらい話をしていてグダグダになった頃の話である。
「なんでカップルの女の方って、男の尻を揉んでいるのだろうか」
『あれは揉んでいるのではなく温もりを感じているのだ』
「尻から?」
『手をつなぐより余程広範囲に、確実に感じることができるのだろう、きっと』
「じゃあ女の尻にタッチしているのも温もりを?」
『あれは揉んでいるだけだ』
将来私に恋人ができることがあれば、
積極的に尻の温もりを感じにいこうと思っているので
みんなは応援してほしい。


シーは絶叫系が多いのもよろしくない。
あの、フリーフォールなんて意味がわからない。
ほんと、ふざけないでほしい。
初めて乗った時に「落ちるのは2回だけだから!」と言われたのを真に受けたら3回落ちた。
3回目の上昇の時に「ふざけんな!嘘つき!」と絶叫した私は悪くない。


その点ランドは安心できる。
一番好きなアトラクションは船で世界を巡るアレである。
最近は3Dだ、プロジェクションマッピングだと先進的なアトラクションが多いので、
あのような古典的な仕組みのものを見ていると心が穏やかになる。


リニューアルされたジャングルを船で冒険するアレもプロジェクションマッピングだったな。
あれは最近船長さんのお話が面白くなくなっている気がする。
文言が同じというか、マニュアル的というか。
私は気ぃ遣いぃなので、「笑ってあげなきゃ…っ」という気持ちになって大変疲れる。
最近はバナナやお守りを売っている商人は大昔生首を振り回していたのだが、あれはやはり色々とNGだったのだろうか。
あと、「忘れ物はしないでくださいね。特にお子さんを忘れると船長にされてしまいますよ。…僕みたいに」といった文言も聞かなくなったな。
ダメだったのかな。


なんだか最近アラが見えてくるようになったのは、きっと先方のクォリティが下がったのではなく、私が大人になってしまったからなのかもしれない。
それにしたって雨の日にくまを買ったときに
「袋を二重にしておきますね。窒息死しないように、おうち帰ったら早く出してあげてくださいね~」
と言われたのは流石にどうかと思ったよ…
「苦しくなっちゃうから」みたいな表現はなかったのだろうか。
窒息死て。
ちなみに、帰宅後すぐに袋から出したら中に水が溜まってビッシャビシャになっていた。
無念である。
お化け屋敷だって、低い声で案内していたおねーさんが同僚と話している時にはアニメ声だったのを聞いて
「雰囲気づくりをしてるんだなー」と思ってたのに、
最近は「はーい、こちらにどうぞー」という感じである。
是非もう少し頑張っていただきたい。


お化け屋敷より怖いアトラクションは白雪姫のアレだと思っている。
「怖い魔女がでてくるのでお子様はご注意ください」という看板が設置されているのがすでにちょっとアレである。
「いやいや、言ってもそんな怖くないんでしょw」とタカをくくって入った妹が出た時には
「マジかよ…」とドン引きしていたのはいい思い出だ。
びっくり系ではなく、じわじわくる恐怖という感じなので、
行ったことのない諸君は是非行ってみてほしい。


短いアトラクションだし、長くても30分待てば入れると思う。
私はピーターパンとか、世界を船で巡るのとか、汽車で開拓時代を探検するのとか、レースをするのとか、
みんなが「んん?」という反応をするアトラクションが好きなので、是非酔狂な人は一緒に行きましょう。


もうひとつの醍醐味としては、アトラクションの提供を見て「んふふ」となることである。
絶叫系が生命保険の会社だったり、車に関連するものがタイヤ会社だったり、汽車のアトラクションがオモチャ会社だったりするので是非注目してみてください。
面白いよ。
私はキャラクターを着ぐるみと言われると怒るし、
パレードのフロートの仕組みを考える理系に「魔法の!力!」と肩パンをしたりするのに、
どうして提供はセーフなんでしょうね?
しかし、非常口マークを探すのを趣味としている君、それは許さん。

 


これからも私は「は?似合わん」と言われながらもプーさんを愛していきたい所存でございます。
誕生日プレゼントで困った時はくまかぬいぐるみか緑グッズでお願いしますね。