すっとこどっこい

あることないこと

発掘物のこと

 

新生活のために部屋を大掃除することにしました。
まず本棚2つの本を選別し売り飛ばしました。
2700円にしかなりませんでした。
あんなに大騒ぎしたのに。

服も半分くらい処分してしまおうかと考え中。
ただ、服ってどうすればいいのだろう。
近所の古着屋は私が着ているような、箸にも棒にもかからない服を買い取ってくれるのだろうか。
わからん。
お気に入りのギンガムチェックのモノクロワンピースがあるのだけど、
丈がちょっと、この歳になると…つらい感じで。
だけどデザインは超気に入ってる。
どうしようかなぁ…

カラーボックスの中身も大掃除。
と、妙な物がいろいろ出てきたので書き留めておこうと。

 


1.「町田さんへ」と書かれた封筒
たぶんこれ、演奏会か何かのチケットが入っていたはず
……と中を見ると東京国立博物館(トーハク)の一般展示の入場券。
何故…?
そんな後生大事にとっておくものじゃないんだけどなぁ。


2.ヤバい封筒
パンパンにレポート用紙のつまった茶封筒。
そっと中を覗くと、出てくる出てくる怨嗟の声。
恨みつらみがぎっちり籠った、宛先のない手紙。
我が事ながら流石に怖かった。
茶封筒にきっちり緘しておきました。
これ以上増えませんように…
成仏しろよ…


3.ルーン文字一覧
意味がわからない。
私は何をしようとしていたのか。


4.写真
小学校から高校卒業までの写真。
小学校低学年の時はまだ見られる顔だったようだ。
高校卒業でぱったり途絶えている。
無理やり撮る人がいなくなったようだ。
4年間で私が映った写真なんて両の指におさまる程度だろうな。
うちのうさぎの若かりし頃の写真(超かわいい)、
中学の部活の送別会(前髪は死んだ)、
古い友人のうさぎの写真(何故?)、
おや、もう一枚くっついている……、?!
古い古い写真。
卒業式で渡された花束を持って満面の笑みを浮かべる同級生。男。
何故こいつの写真がここに…?
クラスは同じだったが、特別な交流はなかったはずだ。
なんだか捨てるのも悪いかと思ってうさぎの写真の後ろに入れておいた。
多分忘れた頃に出てきちゃって同じ事態になるだろう。


5.心のエロ本
別に本当にえっちな本ではなくて、
オタク本的な、私にとっては超恥ずかしいやつですな。
ベッド下の箱に全部詰めたと思ったのに…
さぁ、ベッド下へお行き。
墓まで持ってくからね。


6.黒歴史ノート
こういうのってどうすればいいのかな?
引っ越し先にまで持っていけばいいの?
こんなのを?
でも置いておいてもなぁ。
捨てる?
それは勿体ない気がする。
うーむ。
良い案を募集中です。


7.聖書
困る。
私は一応仏教徒だし、幼稚園もお寺だった。
どうしてこんなものが置いてあるのか。
これこそ捨てづらい。

 


まだまだ私の部屋は汚い。
どんどん珍妙な物が出てくるのだろうなぁ…
処理しきれるだろうか。