読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっとこどっこい

あることないこと

虚無を包みし布のこと

 

己の大コンプレックスである胴体と、
それを包みし布きれについて熱く語ります。
どうも筆者の顔がチラついて不快な方、
そんな事情知りたくないわという方は閲覧しないことをおすすめします。

 

 

ちっぱい
「それはどういう意味?」
「“ちっちゃい”“ぱい”、すなわち胸が小さいことを指す
お前だ」
「ということは…」
「そう、【おっぱい】は胸が大きい者にのみ許された称号なのだ」
大丈夫ですか?ついてこれてます?
今回終始こんな感じですよ。


貧乳と自称しておりますが、定義はよく知りません。
周囲に言われるまま名乗っていますが、18禁コーナーでロリシリーズを覗いてごらんなさい。
私なんてまだまだですよ。
しかし目を転じるとバインバインなんですよね。
本屋で薄汚れた私には何が真実かわかりませぬ。

そんな色々と不名誉な称号を頂いた私はC65です。
こんなことを書いていいものかどうかわかりませんが。
わし掴んだことのある不届き者は「あぁ…あれがその位」と思ってくれればよろしい。
私は昔っから貧乳キャラなのです。
中学生ころからでしょうか。
高校に入った時なんて、プールの授業でクラスカースト最上位の女王様に目をつけられて散々でしたよ。
私だってね、なんとかどうにかならないものかと色々試しましたよ。
豆乳はダメです。
腹がギリギリ痛くなるので。
キャベツ食べたってダメです。
風呂場でツボだなんだを試行錯誤したってダメです。
以前就寝中に使う“育乳ブラ”とやらの話をしましたが、
母に勧められて試しましたよ。
…虚無を包んで何になるっていうのですか。
おこ。

 

そんな虚無を包みし布きれですが、
結構ピンキリでいい値段しますよね。
そりゃあまぁ、大きな人はもっと高いんでしょうけど。
「Dより上は可愛いデザインがないから無理やり押し込んでいる」
なんて話を聞いたことがあります。
人の悩みなんて尽きぬものです。
隣の青い芝にだって苦労はあるんだなぁと思いましたね。

下着は可愛いのがいいんです。
基本的に、物にこだわりが薄い人間なのですが、
やはり執着するものってあるじゃないですか。
それがある人は服かもしれないし、靴かもしれないし、
化粧品のブランドかもしれない。
私の場合は下着です。
そりゃもちろん手が届く範囲での話ですけど。
嬉しいじゃない、可愛いものを持つと。
でも私は可愛くないから、あんまり大っぴらに身に着けることもしたくない。
可哀想じゃない?物も、それを見ちゃった人も。
というわけで服とか持ち物はそんなに趣味を爆発させられないのだけれど、
下着はね、なんといっても人に見られる心配がない。
まぁ、この歳で心配がない!って言いきれちゃうのは逆にどうかと思うけれども、それは置いておいて。
自由なんですよ、私しか見ないから。
どんなに可愛いパステルカラーでも、リボンがついていても、花のレースがついていても、大丈夫!
趣味がバレますな。まぁいいか。
あとは座布団の厚みですね、気を付けるべき点は。
「今日は盛ってますなぁ」とか言われちゃいますからね。
私だってそんな大きく見せたいわけではないですし。
身の丈が一番だよ、最終的にはね。

と、己の趣味を全部押し付けているものですから、
意に沿わぬ買い物が嫌で嫌で堪らない。
例えば就活。
スーツを着る、それも夏場でワイシャツ1枚になるという日に可愛い下着は着れません。
まぁ、勝負下着という考え方もできるけど。
残念ながら私はお気に入りはあれど外へ向けたアレはないからなぁ。
そういえば大掃除をしていたらすっごい派手な下着が出てきました。
たぶん就活中のストレスが募って買った物だと思われます。
全然使ってないし。
どうしようかなぁアレ。
だいぶ派手だし、誰かに譲渡するわけにもいかないし…
どうも私はストレスが溜まると可愛い下着を買うという悪癖があるようです。
ワンピースを買うよりお手頃価格で滅茶苦茶可愛いのが買えたりしますからね。

話が逸れましたな。
就活のために可愛げの欠片もない、機能的な下着を買うのが苦痛で仕方なかったです。
これからお仕事をするようになるので、
そういったのを早く買わねばならないとわかってはいるのですが、
自分が欲しくないものにお金を出すストレスがすごい。

上はやはりそれなりの値段を出さねば買えないんですよね。
下はもう、機能というか最終的には近所のドンキホーテですよ。
ヤンキー御用達のお店だから違う方向に派手なんですけど。
初めてですよ。二束三文の下着。
側面がレースというか、網ですからね、ほとんど。
初日で大きな穴を開けました。


うむぅ、買いますよ。
面白味の欠片もない下着を。
せめて白。
ベージュでなくて白を選ばせてくれ……