すっとこどっこい

あることないこと

就活の思い出のこと

就職活動が解禁になりましたね。
一年前の私が
「うだうだと自分の体験談を話して説教したりアドバイスするような奴はクソ」(ダイナミック要約)
と言っていたのでどうしましょう。
誰も見ていないでしょうし、以前話したこともあるエピソードかもしれませんが、
ちょっと書いてみようかなと思います。
随分記憶は薄れてしまったけど。

 

1.マグロのことを考えていました
まぁ、私の就活エピソードといえばこれですな。
「今朝何を考えていましたか?就活関係なく」
一番目に指名された私は元気よく葛西の水族館のマグロについて話しました。
二番目の人は「選挙権が18歳に引き下げられたこと」
三番目は「少年Aが書いた手記が出版されたこと」
いや、完全にやっちまいましたな。
とんだマグロ野郎ですよ。
ただ、私その選考を通過して内々定までもらいましたからね。
もしかしたら二番目と三番目の人は「マグロの話なんてwwしたら絶対ダメだからねwww」と周囲に話しているかもしれません。
正直ね、体験談なんてその程度の信ぴょう性ですから。
なにが正解でなにが間違いなのかなんて、選考される側の人間は絶対にわかりませんからね。

 

2.社長と3回面接
そのマグロの会社(語弊がすごい)のことなんですけどね。
3次面接が社長と人事の偉い人、
次が社長と一対一、
次が「明日の×時に来てください」と言われ、社長室に通され、応接セットで膝つきあわせ。
泣きましたね、怖すぎて。
というか、高圧的すぎてその時「ここはやめよう」と思いました。
内定すらもらわず帰りました。

 

3.キープ
これは…やめた方がいいんじゃないでしょうかね。
化粧会社の販売員とか、それこそファストファッション店とか、一日で選考が終わる!みたいなお手軽会社の内定をキープしている人が結構いました。
でも「そこは絶対行きたくないんだよねーw」と必ず言っていました。
では何故蹴らない?
中途半端な内定は『弱さ』と『妥協』しか生まないと思うのです。
「絶対嫌だ」と言っておきながら「でも内定あるし…」と、なってしまうのじゃないかなぁ。
私は弱い人間なのでそう考えちゃいます。

 

4.親会社のわるくち
悪口というか…
「レーベル多すぎてよくわからないですよね」
と言ったら
「あちゃー」
みたいな空気になりましたね。
内定もらいましたけど。
素直が一番、最終的にはね。

 

5.二代目社長の半生を綴ったPV
本当に勘弁していただきたい。
呆然と見ているしかないですよね。
説明会だと思って言ったらPV見せられるわ、
呼んでほしいあだ名を色ペンで書かせて
「その名前の由来と、どうしてその色で書いたのか」を各自発表、
グループワークで見積書をつくってみよう、
最後に、2次選考は公立体育館で一泊二日だよ!
弊社への志望度を書いてね!
というものでした。
80%に丸したら落ちました。
よかった落ちて。

 

6.あなたを○○に例えると?
マジで、ほんとに、
あるんですね。
就活都市伝説だと思ってましたよ。
色に例えると?動物に例えると?
漢字一文字で例えると?
考えておいた方がいいでしょうね。
さっぱり失敗した時もありますし、
唇の先でぺらぺら~とやって成功した時もありましたし。
考えておいて損はないのかな。
アホらしいけど。
なんだよ「私はうさぎです」って。
自意識過剰かってねぇ。

 

7.新入社員を連れてきました!
去年から解禁が3月になりましたね。
4月の説明会で新入社員を連れてきてもらっても、
会社の話全然できませんからね。
むしろ就活生ですからね。
2週間で何を語れと?

 

8.交通費がすごい
毎週大宮へ通っていた時はもうダメかと思った。
秋葉原は乗換で毎日行きますからね。
3度も1500円かかる会場に通って、
「君はむいてないね」と言われた時は
もっと早く気づけと腹が立ちましたな。

 

9.死にかける

死んじゃダメですね。
駅ではなるべく線路から遠い所で電車を待ちましょうね。

 


面接が6月に繰り上げって、私たちの就活スケジュールが失敗だったってはっきり言われたようで何だか腹立たしいですね。
今週にも早速説明会が会社であるようです。
ドタバタ研修をしている私を見つけたら優しく見守ってくださいね。
それでは就活生の皆様、ご武運を。